用途は様々。話題の360°カメラの魅力に迫る。

用途は様々。話題の360°カメラの魅力に迫る。

身近になった360°カメラ。

AR(拡張現実)やVR(バーチャル・リアリティ)市場の成長とともに、RICOH THETA(リコー・シータ)に代表される安価で360°撮影が可能なカメラが次々とリリースされており、360°カメラが身近な存在になってきました。

このコンテンツの閲覧は、会員に限定されています。 すでに会員登録、承認済みであれば、ログインください。 新規の会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン